山形のニュース

<元NHK記者強姦致傷>懲役21年の判決「被告以外ない」 山形地裁

 山形、山梨両県で20代の女性3人を乱暴したとして、強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われたNHK山形放送局の元記者弦本(つるもと)康孝被告(29)=懲戒免職=の裁判員裁判で、山形地裁は25日、懲役21年(求刑懲役24年)の判決を言い渡した。
 児島光夫裁判長は、現場から採取された遺留物の鑑定結果について、被告のDNA型と完全に一致したと認めた上で「被告以外の犯人がいて、その犯人のDNA型と被告のDNA型が偶然一致したとは常識的に考えられない」と説明。「就寝中で無防備の被害者を襲い、与えた精神的苦痛や日常生活への悪影響は重大。犯行は常習的で再犯の恐れがある」と指摘した。
 公判で被告は「全て間違っている」と全面否認。弁護側は「被害者の体などから採取した遺留物に犯人以外のDNAが混ざっている可能性がある」などと無罪を主張していた。
 判決によると、被告は山形放送局の記者だった2016年2月23日、山形市内の女性宅に侵入して性的暴行を加えたほか、甲府放送局勤務の13年12月と14年10月にも山梨県内の女性宅に侵入して乱暴。うち2件で被害者にけがを負わせた。
 NHK広報局は「被害に遭われた方や関係者、視聴者の皆さまに改めて深くおわび申し上げます」とコメントした。


関連ページ: 山形 社会

2018年04月26日木曜日


先頭に戻る