宮城のニュース

<宮城市町村予算>女川町 小中一貫校など整備

 一般会計は前年度当初比40.1%減の309億6000万円。災害公営住宅の整備が完了し、東日本大震災後初めて減少に転じた。復興、災害復旧費の割合は前年度の59.6%から42.7%に減った。
 歳出は、今秋利用が始まる町役場本設庁舎への移転業務委託費に1400万円、仮設庁舎解体費に1億2859万円、2020年度完成の小中一貫校建設費には1億9470万円を計上。公共施設の整備は大詰めを迎える。日本フットボールリーグ(JFL)に昇格した「コバルトーレ女川」の支援へ広告料1200万円を初めて盛り込んだ。
 歳入は町税が前年度当初比2.6%減の31億771万円、地方交付税は震災復興特別交付税のみの68億8536万円。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年04月27日金曜日


先頭に戻る