宮城のニュース

<羽生結弦>「ユヅT」まだ買えます 来月1日再び通信販売

平昌五輪時の雄姿とサインがデザインされたTシャツ

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)=仙台市出身、宮城・東北高出=の祝賀パレードを主催した実行委員会は27日、応援Tシャツ1800枚を追加で通信販売すると発表した。店舗販売用の在庫を回して完売を目指す。
 通販の注文受け付けは5月1日午前10時から。現時点では水色と紫の2種、S、M、Lの3サイズが全て残る。全て1枚2500円。いずれも在庫がなくなり次第、販売を終了する。
 パレードは22日にあり、観衆10万8000人が集まった。実行委は運営費に充てる応援Tシャツを8万枚製作し、通販用の4万4000枚は15日に完売。残りの店頭販売用3万6000枚は仙台市の藤崎や仙台三越などで完売したが、一部店舗で売れ残った。


関連ページ: 宮城 経済

2018年04月28日土曜日


先頭に戻る