宮城のニュース

<楽天>1年生、帽子かぶってE感じ 球団が西中田小児童に贈る

阿部アカデミーコーチ(左)に帽子をかぶせてもらう1年生

 プロ野球東北楽天に興味や関心を持ってもらおうと、球団マスコットのクラッチーナらが27日、仙台市太白区の西中田小(児童542人)を訪れ、1年生76人に帽子をプレゼントした。
 元選手の阿部俊人アカデミーコーチ(29)や公式チアリーダーの「東北ゴールデンエンジェルス」のメンバーらが帽子を手渡した。佐藤快音(かいと)君(6)は「ウィーラー選手のホームランが見てみたい。帽子をかぶって球場に行く」と声を弾ませた。
 東北楽天のエース則本昂大投手からは「たくさん友だちをつくって、伸び伸びとした学校生活を送ってほしい」とのビデオメッセージが寄せられた。
 球団が入学記念に帽子をプレゼントするのは5年目。今年は東北6県の小学校1926校の1年生計6万7678人に贈った。


2018年04月28日土曜日


先頭に戻る