宮城のニュース

ダムの魅力ボートで体感 川崎・釜房湖でツアー

ボートで釜房湖周辺の景色を楽しむ参加者

 宮城県川崎町の釜房ダムの建設によってできた人造湖の釜房湖で21、22日、ボートに乗ってダムの魅力を感じる企画「インフラツアー」が開かれた。
 ツアーは、国営みちのく杜の湖畔公園のボート乗り場を出発。東北地方整備局東北国営公園事務所の職員がダムの概要を説明し、10人乗りの「Eボート」で湖面をこぎ進んだ。
 参加者は周囲の新緑や頂上に雪が残る蔵王連峰を眺め、春の景色を堪能した。柴田町船迫中1年の成松優希さん(12)は「釜房湖は大きく、海のようだった。みんなで呼吸を合わせてオールをこぐのは楽しい」と喜んだ。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月28日土曜日


先頭に戻る