宮城のニュース

保育園で園児ら25人が感染性胃腸炎 宮城・白石

 宮城県白石市は27日、市南保育園で園児と職員計25人がノロウイルスが原因とみられる感染性胃腸炎の症状を訴えたと発表した。重症者はいない。市によると、19日以降、園児22人と職員3人に下痢や嘔吐(おうと)の症状が出た。仙南保健所の検査で0〜2歳の園児3人からノロウイルスが検出された。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月28日土曜日


先頭に戻る