宮城のニュース

<B2仙台>志村引退までホーム残り3戦 チーム一丸白星を

練習でシュートを放つ泉(中央左)

 福島戦から続くホームでの残り3戦は志村の引退シリーズとして開催される。「いつも通り、全力で戦う」。志村本人が平常心を強調する一方で、周囲は地元仙台で最後のプレーを白星で飾ろうと燃えている。
 主将の柳川が筆頭格だ。志村と3季一緒にプレーし、公私ともにさまざまな影響を受けてきた。「学んだバスケを表現するのが恩返し。勝って笑って終わりたい」と力を込める。
◎ルーキー泉 全力プレー誓う

 今季加入した泉は「プレーオフの懸かる福島より、引退する志村さんをホームで勝たせたいというわれわれの気持ちの方が強い」と語る。入団後すぐに適応力が大事だと助言され、本来のポジション以外にも前向きに取り組んで出場時間を増やしてきた。「一緒にプレーする時間も限られる。楽しみながら勝ちたい」と全力プレーを誓う。
 選手時代から志村と一緒に戦ってきた高岡監督は「引退試合だから勝ちたい。チーム力が向上していることを結果で表す」と意気込む。(射浜大輔)


2018年04月28日土曜日


先頭に戻る