宮城のニュース

<ベガルタ>札幌と引き分け 順位一つ上げ6位

仙台−札幌 前半16分、札幌・福森(左から2人目)に先制点を決められる仙台DF陣=ユアスタ

 サッカーJ1リーグ第11節第1日(28日・ユアスタ仙台ほか=8試合)仙台が札幌と引き分け、通算成績は4勝4分け3敗の勝ち点16となった。順位は前節から一つ上げ6位。
 首位の広島は長崎に2−0で快勝し、勝ち点を28に伸ばした。長崎の連勝は4で止まった。FC東京は名古屋を3−2で退け3連勝。同22として2位を守った。名古屋は8連敗。
 3位川崎は神戸に2−1で競り勝ち、3連勝で勝ち点21とした。浦和を破った湘南はこのカードで1997年以来の勝利。清水は鄭大世の今季初得点などで柏に勝って2連勝。磐田−C大阪は引き分けた。横浜Mは鹿島を下した。
 G大阪−鳥栖は29日に行われる。

◎連敗2でストップ

(1)ユアスタ
仙台2 0−1 2札幌
    2−1
▽得点経過
 前16分 0−1 福森(1)
 後2分 1−1 西村(4)
 後33分 1−2 チャナティップ(3)
 後49分 2−2 大岩(1)
▽観衆 13,812人

 仙台が2度追い付く粘りを見せ、リーグ戦の連敗を2で止めた。0−1の後半2分、中野のパスが相手DFに当たったこぼれ球を西村が拾い、右足で同点ゴール。金眠泰が退場して1人少ない札幌に、33分に再び勝ち越されたが、終了間際に右CKを大岩が頭で決めてドローに持ち込んだ。

<技術的なミス出た/仙台・渡辺晋監督の話>
 (同じ布陣の)ミラーゲームでも狙いを持てば前進できる。ただ、最後のところで弱気になり、背を向けてしまった。前を向いても、技術的なミスが出た。精度を上げるには練習しかない。

<圧力の中頑張った/札幌・ペトロビッチ監督の話>
 相手が圧力をかける中でよく頑張ってくれたが、最後のワンプレーで追い付かれた。悪い印象が残るが、連戦で気温が高い中で引き分けたことを前向きに捉えたい。

☆ベガルタみっくすぞーん

<DF常田克人(リーグ戦で2試合目の先発出場)>
 「ボールの出どころを予測しての位置取りを常に考えるプレーは何回かできた。ただ、(後半42分の)相手ゴール前でパスをフリーで受けた場面は、クロスかシュートか迷い、ベストな判断ができなかった」


2018年04月29日日曜日


先頭に戻る