宮城のニュース

雪解けのダム見上げて 大崎・鳴子で5月3〜5日「すだれ放流」見学者募集

 大崎市鳴子温泉の鳴子ダムで、春の雪解け水を放水する「すだれ放流」をダム直下から見学するツアーが5月3〜5日、開かれる。みやぎ大崎観光公社は参加者を募集している。
 鳴子公園に集合し、バスでダムの手前1.2キロ地点に移動。江合川に沿って砂利敷きの工事用道路を歩く。散策と見学は約1時間。担当者は「高さ94.5メートルのダムを真下から見上げて、流れ落ちる水の迫力を味わってほしい」とPRする。
 バスの出発は午前10時、11時、午後1時、2時の計4便。各便定員20人。事前申し込みが必要で、空きがあれば当日も受け付ける。対象は小学生以上。参加費は傷害保険代込みで1500円。連絡先は同公社0229(25)9620。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年04月30日月曜日


先頭に戻る