青森のニュース

米軍三沢基地の戦闘機「超低空飛行」動画がユーチューブに

動画サイト「ユーチューブ」に投稿された、訓練飛行する米軍機から撮影された映像。岩手県一戸町付近とみられる

 米軍三沢基地(青森県三沢市)のF16戦闘機が日本の山間部を「超低空飛行」したとする動画が投稿サイト「ユーチューブ」に掲載された。同基地の第35戦闘航空団は28日までに、所属機による訓練映像だと確認し「いくつかの地点で日本国内での最低高度150メートルより低く飛行した」と認めた。同時に「全てのパイロットに規制を周知し順守させる」とのコメントを出した。
 動画は10分余りで、4月2日に掲載。コックピットから撮影したとみられ、機体を何度も左右に傾けて飛ぶ様子が映っている。地上に住宅地とみられる建物が見える場面もあり、サイトには「あんな低空で住宅の上飛んでいいの?」と批判的なコメントも寄せられた。
 複数の風車の脇を通過する様子も映っており、岩手県や一戸町によると、同町で県が運営する高森高原風力発電所の風車(支柱の高さ78メートル)の可能性が高いという。
 日本の航空法は、家屋のない地域での飛行を制限する「最低安全高度」を150メートルと規定。防衛省東北防衛局によると、在日米軍は低空飛行訓練の際、航空法と同一の飛行高度規制を適用している。
 東北防衛局は27日、三沢基地司令に「飛行高度の最低基準を下回って飛行したことは誠に遺憾だ。重大な事故につながる恐れがあり、周辺自治体や住民に多大な不安を与える」として、関連法規を守るよう申し入れた。


関連ページ: 青森 社会

2018年04月29日日曜日


先頭に戻る