岩手のニュース

<わたしの道しるべ>地元で交流の輪広げる

鈴木光さん

◎岩手大4年 鈴木光さん(21)=盛岡市

 岩手大の学生ボランティアサークル「三陸復興サポート学生委員会」に所属し、陸前高田市や釜石市に通っています。出身は宮城県七ケ浜町。宮城県の教員を目指しており、採用試験に向けて勉強中です。
 人口減少に直面する東北ですが、それでも将来にわたって人と人の交流を大事にする地域であり続けてほしいと願っています。
 東北の冬は厳しく、都会の人は暖かい季節にしか東北を訪れてくれません。冬に楽しめるイベントがもっとあれば、多くの人に足を運んでもらえるのではないでしょうか。
 地域外の人に東北の魅力を引き出してもらうのも一つの方法だと思います。七ケ浜町では復興が進む中で新たにカフェなど人が集う場所ができ、震災前よりにぎやかな町になりました。
 就職したら、七ケ浜町や宮城県を訪れた人たちと積極的に交わり、交流の輪を広げたいと思います。同時に、ボランティアとして通った陸前高田市や釜石市にも、地域外の人間として関わり続けていきます。


関連ページ: 岩手 社会

2018年04月29日日曜日


先頭に戻る