福島のニュース

<こいのぼりアーチ>川渡る風受け560匹 青空優雅に泳ぐ 福島・釈迦堂川

釈迦堂川に架かるこいのぼりのアーチ

 福島県須賀川市中心部を流れる釈迦堂川に、毎年恒例のこいのぼりのアーチが登場した。川を渡る風をいっぱいに受け、青空を優雅に泳ぐ姿が、訪れた人の目を楽しませている。
 幅100メートルを超える川の両岸に4本のロープを渡し、約560匹のこいのぼりを取り付けた。5月15日まで見ることができる。
 使われているのは、家庭で不要になったこいのぼり。市が譲り受け、子どもの健やかな成長を祈り、郷土愛を育むことを目的に1987年から毎年、釈迦堂川に飾られている。
 矢祭町の主婦後藤豊子さん(78)は「天気が良く、太陽の光の中を泳ぐこいのぼりがきれい。これだけの数があると見応えがある」と喜んでいた。


関連ページ: 福島 社会

2018年04月30日月曜日


先頭に戻る