宮城のニュース

<仙台・農業園芸センター>植物と触れ合い子どもら楽しむ

花びらを使った缶バッジ作りを体験する家族

 仙台市若林区のせんだい農業園芸センターで、「みどりの杜フェスタ2018 春のピクニックパーク」が開かれている。6日まで。
 30日は旬の野菜などを販売するマルシェや植物と触れ合うイベントなどがあった。広場にはハンモックなどが用意され、元気に遊ぶ子どもたちの歓声が響いた。
 押し花を使って缶バッジを作るワークショップもあり、家族で参加した宮城野区の鶴巻小1年松元隼君(6)は「風で花が飛ばされて難しかったけれど、楽しかった。おばあちゃんにあげたい」と話した。
 3日は携帯電話などで写真を撮りながら園内を巡る子ども向けの体験型ゲームがある。3〜5日にはハーブの育て方を学ぶ教室が開かれる。時間は午前9時〜午後5時。入園無料。1日は休園日。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月01日火曜日


先頭に戻る