宮城のニュース

「駅家」の可能性一段と 岩沼・原遺跡から墨書土器や材木塀跡発見

会場に並べられた墨書土器(手前)などの出土品
原遺跡で見つかった材木塀の跡(岩沼市教委提供)

 宮城県岩沼市玉崎地区の原遺跡(飛鳥時代後半〜平安時代前半)で、墨書土器や公的建物跡を示す柱穴、重要な建物群を守る「材木塀」跡が2次調査で見つかり、発掘成果を速報する展示会が、市民図書館ふるさと展示室で開かれている。以前の発掘調査でも指摘された古代の公的施設「玉前駅家(たまさきのうまや)」などの可能性がより高まったという。

 調査は2017年11、12月に行い、349平方メートルを発掘した。文字を記す役人がいたことを示す「方」と墨書された土器などが出土。公的機関の建築に用いられる一辺の長さ最大約1.3メートルの方形の柱穴や、軍事・行政機関などで多用される材木塀も発見された。
 市教委は16年にも1次調査を実施。県内で初めて直径約24センチの円形のすずりが出土し、役所や寺院の建設でしか使用されない瓦の破片、一辺約1メートルの方形柱穴などが見つかっている。玉崎という地名からも平安時代の法令集「延喜式(えんぎしき)」に記された玉前駅家などだったと推測されたため、再調査に踏み切った。
 延喜式には全国に400カ所以上の駅家所在地が書いてあるが、駅家遺跡だと確定したのは兵庫県内の2カ所のみ。岩沼は現在の国道4号と6号と同様に古代の道の結節点で、原遺跡が阿武隈川に面していることから、市教委は運河や渡河点だった可能性を含め、今後5年かけて遺跡の全体像を調べる。
 市教委の担当者は「今回の調査で、1次調査の結論を補強する材料が見つかった」と話す。
 展示会は午前10時〜午後5時。入場無料。6月24日まで。毎週月曜と5月31日は休館。連絡先はふるさと展示室0223(25)2302。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月01日火曜日


先頭に戻る