岩手のニュース

屋根修復の技に触れて 岩手・二戸の天台寺で5日作業公開

職人による本堂の屋根ふき作業

 岩手県二戸市浄法寺町の天台寺で5日、国の重要文化財で大規模修復工事中の本堂が一般公開される。本堂は現在、職人が屋根をふく作業をしており、厚さ約1センチのスギ板を竹くぎで打ち付ける様子を見学できる。
 1690年の建立以来約360年ぶりという修復工事は、2013年9月に始まった。分解工事の途中、創建当時に屋根をふいていたとみられる木片が見つかり、当初予定していた銅板ぶきから板ぶきに変更した。
 公開は午前10時〜午後4時。見学料は300円で工事費に充てる。解説付き観覧は2日までに申し込みが必要。連絡先は二戸市教委文化財課0195(23)8020。


関連ページ: 岩手 社会

2018年05月01日火曜日


先頭に戻る