山形のニュース

<回る集める山形の旅>農家レストランや直売所 スタンプラリーとSNS投稿企画同時開催

「農〜んびりやまがたスタンプラリー」の応募台紙

 山形県グリーン・ツーリズム推進協議会は1日、県内の農家レストランや果樹農園、農産物直売所などで「農〜んびりやまがたスタンプラリー」を始める。会員制交流サイト(SNS)を使った写真投稿キャンペーンも同時開催。いずれも抽選で農産物や食事券などをプレゼントする。
 参加しているのは協議会の会員45施設、非会員35施設。スタンプラリーの台紙は参加施設のほか、宮城、福島、秋田3県の主な道の駅で配布する。台紙のはがきに会員2施設、非会員1施設の計3種類のスタンプを押して応募する。
 SNSキャンペーンは、協議会のフェイスブックで「いいね!」をするか、インスタグラムで「@gtyamagata」をフォローし、所定の応募様式で写真とコメントを投稿する。
 いずれも締め切りは10月31日で、はがきは消印有効。賞品は果物詰め合わせ3キロ、フルーツゼリーセット、2000円の食事券、コテージ宿泊券など20種類あり、計72人に当たる。
 参加施設と賞品の詳細は協議会のホームページに掲載。連絡先は協議会023(647)8351。


関連ページ: 山形 社会

2018年05月01日火曜日


先頭に戻る