広域のニュース

宮城、山形の両県知事が連携構想公表 17日、山形市で未来像探るフォーラム

 宮城、山形両県の交流・連携の促進を目指す「宮城・山形未来創造フォーラム」が17日、山形市のホテルメトロポリタン山形で開かれる。村井嘉浩宮城県知事、吉村美栄子山形県知事が出席し、両県の新たな連携基本構想「未来を共に創る 新MYハーモニープラン」を公表する。
 両県と仙台、山形両市などでつくる宮城・山形未来創造会議が主催する。
 第1部の公表セレモニーで、両県知事が新構想の狙いや今後の施策展開を説明。第2部は東北芸術工科大の本吉裕之准教授が「5年、10年後の宮城・山形を見据え、目指すべき道とは」と題して講演。若者、地域とアートなどをキーワードに仙山圏の可能性を解説する。
 午後2時半開始。参加無料で定員は先着180人。10日まで両県の担当課まで郵送、ファクス、電子メールで申し込む。連絡先は山形県企画調整課023(630)3137、宮城県震災復興政策課022(211)2409。


関連ページ: 広域 政治・行政

2018年05月01日火曜日


先頭に戻る