宮城のニュース

自社醸造ワインが好評 大和のワイナリー直売店

新発売のワインなどを試飲する来店客

 大和町吉田のワイン醸造所「了美(りょうみ)ヴィンヤード・アンド・ワイナリー」に直営店がオープンし、町内外から客が訪れている。
 赤ワインの「スチューベン」(750ミリリットル、税別2500円)と白ワインの「甲州」(同)のほか、宮城、山形産リンゴを使ったシードル(500ミリリットル、税別1200円から)を販売。赤ワインとシードルは昨年12月完成の自社醸造設備で仕込んだ。
 試飲コーナーもあり、「飲みやすくておいしい」「香りが豊か」との声が聞かれる。
 醸造所は標高330メートルの丘にあり、ブドウ栽培も手掛ける。数年後には自社栽培の地元産ワインが誕生する見通し。
 午前10時〜午後5時。定休日は火水曜だが、大型連休中は休まず営業する。


関連ページ: 宮城 経済

2018年05月03日木曜日


先頭に戻る