福島のニュース

新人フラガール、希望胸に軽やかに 11人が初レッスン

初レッスンに臨んだ新人フラガールたち

 福島県いわき市の温泉施設スパリゾートハワイアンズの新人フラガール11人が1日、近くの養成所「常磐音楽舞踊学院」で初レッスンに臨み、希望を胸に軽やかなステップを踏んだ。
 新人たちは約1カ月間、接客対応など新入社員研修を受けた。初日はTシャツにスカート姿で、フラやタヒチアンダンスなどの基本的な動きを講師役の元フラガールから教わった。
 高校でフラを踊った経験者も多く、次第に緊張が和らいで笑顔に。民族舞踊のほか、バレエやダンス、声楽といった指導を受け、8月にも初舞台を迎える。
 先輩たちは東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興へ元気を発信してきた。いわき市出身の渡辺真由さん(18)は「11人全員でデビューし、感動と笑顔を与えられるようになりたい」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2018年05月02日水曜日


先頭に戻る