宮城のニュース

市政だよりもユヅフィーバー 仙台市HPアクセス急増 パレード紹介・5月号

羽生選手の祝賀パレードの様子が載った仙台市政だより5月号

 仙台市のホームページ(HP)へのアクセス数が今月1日以降、急増している。平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)=仙台市出身、ANA、宮城・東北高出=の祝賀パレードを特集した市政だより5月号(1日発行)を掲載したためとみられ、市の担当者は反響の大きさにびっくりしている。
 羽生選手の特集は全32ページのうち1ページ分。笑顔で両手を振る様子など5枚の写真を添え、4月22日のパレードを紹介している。会員制交流サイト(SNS)では、市民に配布途中の4月末から「羽生選手が掲載されている」などの投稿が相次いだ。
 市広報課によると、市HPのアクセス数は5月1、2日で計約1500。4月1カ月の実績(約1900)の8割に迫った。市政だよりのダウンロードも2日間で2800件を超え、羽生選手のファンの関心の高さをうかがわせた。
 市政だよりは毎月約50万部の発行。市は羽生選手人気を踏まえ、5月号を1万部増刷した。各区役所や市地下鉄駅で配布している。
 市広報課は「パレードの様子を振り返るだけでなく、5月の仙台・青葉まつりの記事など隅々まで読んでほしい」と話している。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月03日木曜日


先頭に戻る