宮城のニュース

<楽天>栗原コーチ「精神面の支え必要」

栗原健太コーチ
真喜志康永コーチ

 1軍に緊急昇格した東北楽天の栗原打撃コーチと真喜志内野守備走塁コーチが2日、チームに合流した。2016年から選手、コーチとして在籍3季目の栗原コーチが開幕後に1軍ベンチ入りするのは初めて。2日の試合前に取材に応じ、「選手には技術ではなく精神面の支えが必要。迷いない状態で試合に送り込みたい」と語った。
 コーチ陣の入れ替えは4月30日の試合前に、安部井チーム統括本部長と梨田監督が相談して決めた。2桁借金を背負う苦境を打開すべく、断行に至ったという。安部井本部長は「今までの負けを取り返さなくてはいけない。長いシーズンを諦めるわけにはいかなかった」と説明した。

<島井、右打ちに登録変更>
 東北楽天の島井が2日、登録を両打ちから右打ちに変更した。入団時は右打ちで、俊足を生かすために2軍で両打ちに取り組んできたが、プロ6年目の今季に1軍で初出場を果たし「1軍の投手はレベルが違った。つくった左打ちでは1軍だと難しい。右に専念した方がいいと思った」と説明した。


2018年05月03日木曜日


先頭に戻る