宮城のニュース

広瀬川遊び尽くそう 手こぎボートやシャボン玉など体験 5日までイベント

こいのぼりの下を通過するボート

 川に親しむ機会を提供するイベント「広瀬川で遊ぼう」が3日、仙台市若林区の広瀬川宮沢緑地で始まった。地域住民や企業、NPOなどでつくる実行委員会の主催で、大勢の市民らでにぎわった。5日まで。
 川をまたぐように飾られた約100匹のこいのぼりが風に揺れる中、家族連れらが手こぎボートやカヌーなどを楽しんだ。ペットボトルロケットの製作、フライングディスク、シャボン玉など広い敷地を活用した体験もあった。緑地には綿あめやたこ焼き、かき氷などを売る屋台が並び、飲食スペースも設けられた。
 近くに住む主婦佐藤静香さん(29)は「2歳の息子と毎年来ている。こいのぼりも見応えがあるし、楽しみなイベント」と話した。
 午前10時〜午後3時。一部コーナーは有料。連絡先は実行委事務局080(7004)4932。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月04日金曜日


先頭に戻る