宮城のニュース

政宗像12体、村田に集結 歴史みらい館で来月24日まで企画展

約100年前に県が小学校に配った政宗像が並ぶ企画展

 1914年に宮城県内の全小学校に配られた初代仙台藩主伊達政宗の塑像を集めた企画展「政宗集結す!」が村田町歴史みらい館で開かれている。
 企画展の開始までに所有者から借り受けた12体が並ぶ。当時の森正隆知事が「政宗公の偉大なる人格を児童が慕い、模範にすべきだ」として小学校に配布した像は約300体あったとされる。同館は現在も像の情報を募っており、展示品は増える可能性がある。
 政宗の遺訓を記した書状や政宗をかたどった銅製の騎馬像など関連資料約30点も展示している。
 5日に本物のかぶとをかぶって火縄銃を持ったり、折り紙でかぶとを作ったりする子ども向けの企画がある。12日午後1時半からは宮城学院女子大の大平聡教授が政宗の塑像をテーマに講演する。
 6月24日まで。午前9時〜午後4時半。入場無料。連絡先は同館0224(83)6822。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年05月05日土曜日


先頭に戻る