宮城のニュース

<展望 半島の拠点>石巻復興まちづくり(下)牡鹿/3施設一体 集客図る

工事が進む拠点エリア予定地
拠点エリアの完成イメージ。中央の黒い屋根の下に3施設が入る

 東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市の北上、雄勝、牡鹿の3地区で拠点エリア整備が進む。公共の建物や観光施設、商店を集約させる計画で、いずれも2019年度中の完成を目指す。市街地に比べ復興の遅れが指摘される半島沿岸部の将来を展望する。(石巻総局・鈴木拓也、関根梢)

 信仰の島として知られる金華山の玄関口として、年間約15万人の観光客が訪れていた石巻市鮎川浜。古くは捕鯨基地として栄えたまちは東日本大震災で壊滅的な被害に遭い、にぎわいの再生は今なお遠い。
 新拠点エリアは海抜6メートルの防潮堤の背後に盛り土をした約4.5ヘクタールに造成。2019年度の完成を目指している。
 中核施設として観光物産交流施設、環境省のビジターセンター、再建する「おしかホエールランド」を整備。3施設全体を、クジラをイメージした黒く大きな屋根で覆い、一体感を出す。震災前から展示されている捕鯨船周辺は、広場として活用する方針。

<完成 2年延期>
 観光のまち復活へ期待が集まる半面、事業は足踏みが続いた。
 市の基本計画は15年度に策定されたが、施設の配置を巡る市と事業者の認識の違いから16年度に見直しを余儀なくされた。完成目標も当初予定の17年度から2年延期となった。
 地元事業者らでつくる鮎川港まちづくり協議会の斎藤富嗣会長は「完成が先延ばしになる中、体力、資金の両面から商売の継続を諦めた人もいる」と打ち明ける。
 観光物産交流施設は他の2施設に先駆け、19年秋ごろの開業を目指す。仮設商店街「おしかのれん街」で営業する飲食店など8事業者が出店を予定するが、春の大型連休や、大規模な集客が見込まれる夏のイベント「リボーンアート・フェスティバル」には間に合わないことになる。
 斎藤会長は「せめて8月までには開業したいという声もあった」と語りつつ、「何とか拠点エリアににぎわいを引き込む工夫をしなければ」と活路を探る。

<魅力発信が鍵>
 鮎川地区を中心とした旧牡鹿町は震災後、金華山観光の落ち込みなどが響き、観光客が減少。昨年は震災前より2割ほど少ない約12万人にとどまった。
 協議会は地域の魅力を発信しようと、新鮮な海産物を手頃な値段で販売する「はまっこ市」開催や、名物のクジラ肉を食べやすくアレンジした新メニューの開発などに取り組んできた。
 観光交流物産施設は今夏にも本格着工する。斎藤会長は「新しい施設ができれば客足が戻ってくるわけではない。お客さんを満足させられる中身の濃い企画を打ち出していきたい」と気持ちを引き締める。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月06日日曜日


先頭に戻る