宮城のニュース

<楽天>外国人トリオの奮闘届かず 梨田監督「投打かみ合わない」

 東北楽天打線は、今季初めて外国人トリオがそろって適時打を放つなど、10安打で4得点。それでも序盤の大量失点が響き3連敗。梨田監督は「なかなか投打がかみ合わない」ともどかしそうだった。
 3点を追う二回2死一塁から嶋の左翼線二塁打で1得点して反撃ののろしを上げた。1−7の三回はウィーラーとアマダーの適時打で2点を加え、六回はペゲーロの適時打で4点差に追い上げた。
 悔やまれるのは、三回に岡島、六回に銀次がともに2死一、三塁で凡退し、外国人に続いて畳み掛けられなかった点。梨田監督は「外国人に頼る部分が多いだけに、岡島、銀次にも調子を上げてもらいたい」と注文した。


2018年05月06日日曜日


先頭に戻る