宮城のニュース

<仙台六大学野球>福祉大と工大が先勝

仙台大−福祉大 6回裏福祉大2死満塁、走者一掃の中越え三塁打を放ちガッツポーズする中野

 第5節第1日は5日、仙台市の東北福祉大球場で、仙台大−福祉大、東北工大−宮城教育大の各1回戦があり、福祉大と工大が先勝した。
 福祉大は2点を追う五回に2本の適時打で逆転し、仙台大を8−4で破った。工大は佐藤寿の2ランなど長短13安打を集め、9−2で宮教大に勝った。
 第5節第2日の6日は同球場で宮教大−工大、福祉大−仙台大の各2回戦がある。

◎福祉大 5回に逆転

 仙台大−福祉大1回戦(福祉大1勝)
仙台大003100000=4
福祉大20003300×=8
(勝)山野4試合4勝
(敗)稲毛田5試合3勝1敗
(本)佐野2号(2)(山野)

 【評】福祉大が逆転勝ち。2−4の五回、元山の適時打と清水聖の2点二塁打で試合をひっくり返すと、六回は2死満塁から中野の走者一掃の中越え三塁打で突き放した。仙台大は序盤のリードを守れなかった。

<中野、走者一掃の三塁打に満面の笑み>
 福祉大が打力で先勝した。六回2死満塁から走者一掃の三塁打を放った中野は「高めの直球をコンパクトに振り抜けた」と満面の笑みだった。
 先発山野も粘りの投球を見せた。四回まで4失点したが、五〜八回は直球とスライダーを軸に仙台大打線を無安打に抑えて打線の援護を呼び込んだ。「味方に点を取ってもらい気持ち良く投げられた。初戦を勝てたのは大きい」とチームの勝利を喜んだ。

◎工大 13安打で快勝

 工大−宮教大1回戦(工大1勝)
工 大020001411=9
宮教大001010000=2
(勝)佐藤洸4試合2勝2敗
(敗)大友8試合1敗
(本)佐藤寿1号(2)(高橋)

 【評】工大が13安打を放って快勝した。二回2死二、三塁、猪又の左越え2点二塁打で先制。五回に追い付かれたが、六回に佐藤幸の犠飛で勝ち越し、七回は佐藤寿の2ランなどで突き放した。宮教大は継投が決まらなかった。

<庄司修、打撃と走塁で貢献>
 工大の庄司修がバットと足で勝利に貢献した。3−2の七回1死二塁、左越えの適時二塁打でリードを広げると、続く梨本の内野ゴロの間に三塁を回って本塁突入。5点目のホームを踏んだ。「ノーサインで迷わず行った。ホームへの返球を見て、うまく捕手の後ろに回り込めた」。工大はこの回一挙4点を奪って試合を決めた。
 打撃と走塁のうまさを買われて1年生ながら先発出場。「競争は激しい。自分のカラーを出し、先頭打者として思い切ったプレーをしたい」と、さらなるレベルアップを誓う。


2018年05月06日日曜日


先頭に戻る