宮城のニュース

在宅緩和ケア実践例を紹介 12日・仙台で講演会

 日本尊厳死協会東北支部(仙台市)は、自宅で安らかに最期を迎える在宅緩和ケアを考える講演会を12日、仙台市青葉区の市福祉プラザで開く。
 福島県猪苗代町の内科医今田かおる氏と臨床仏教師の楠恭信氏が町内で実践する緩和ケアについてそれぞれ講演する。
 午後1時半〜3時40分。入場無料。事前予約は不要。連絡先は日本尊厳死協会東北支部022(217)0081


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年05月06日日曜日


先頭に戻る