山形のニュース

手作り品ゆっくりお買い物 20日から月1回「マルシェ」 山形・新庄

昨年5月に開かれたキトキトマルシェ。豊かな緑や対面販売の魅力で人気を集める

 山形県最上地方の農産物や工芸品を販売する手作り市「キトキトマルシェ」が20日、新庄市のエコロジーガーデンで始まる。今年で7年目を迎え、11月までの毎月第3日曜日に開く。
 マルシェは毎回、「肉」「工芸品」「カレー」といったテーマごとに開催。初回の20日は「緑の下にかおる香ばしさ」と題し、パンやコーヒーなどを扱う30〜40店が出店する予定だ。
 地元の若手農業者やデザイナーらによるエコロジーガーデン交流拡大プロジェクト実行委員会が2012年度に始めた。「キトキト」は、最上地方の方言で「ゆっくり」の意味。作り手と買い手の触れ合いや、つながりづくりを重視している。
 開催時間は午前10時〜午後3時。連絡先は新庄市商工観光課0233(22)2111。


関連ページ: 山形 社会

2018年05月06日日曜日


先頭に戻る