宮城のニュース

<ベガルタ>サポーターが観戦中に侮辱的行為 クラブが謝罪

 J1仙台は6日、神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚でのアウェー湘南戦で、男性サポーターの侮辱的行為があったと発表した。
 クラブによると、男性は後半ロスタイムの3点目のゴールの直後に興奮して中継カメラに向かって中指を立てた。男性は陳謝しているという。今後の処分はJリーグと協議して決める。
 クラブは公式ホームページで「不快な思いをさせたことを心よりおわびし、今後の再発防止に努めてまいります」とコメントした。


2018年05月07日月曜日


先頭に戻る