宮城のニュース

仙台−グアム線運航終了 米ユナイテッド

グアムへ向かう機体と見送る米ユナイテッド航空の社員=6日午前11時55分ごろ、仙台空港

 米ユナイテッド航空は6日、仙台−グアム線の運航を終えた。1990年に運航を開始し、仙台とアジア以外の地域を結ぶ唯一の路線だった。近年の旅客需要低迷と北朝鮮によるグアム沖へのミサイル発射計画が影響し、路線を維持できなくなった。
 仙台空港でラストフライトを見送るイベントがあった。最初にチェックインした石巻市の会社員瀬崎和雄さん(65)にボーイング737型機の模型、他の乗客には同機のポストカードなどがプレゼントされた。
 ラストフライトの搭乗率は約3割。高橋亨日本地区営業担当支社長は「残念だが、今後は臨時便やチャーター便を出すことも考えている」と語った。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月08日火曜日


先頭に戻る