青森のニュース

わっ辛口 八戸シードル誕生 イチゴ使った「Mix」も

はちのへシードル(左)とはちのへMixシードル

 青森県八戸市のワイナリー「澤内醸造」は8日、同市と青森県南部町産のリンゴを使って開発した「八戸シードル」を発売した。

 販売するのはリンゴに白ワインを加えた「わっ はちのへシードル」(750ミリリットル、1900円)と、リンゴに市内で生産されたイチゴを混ぜた「わっ はちのへMixシードル」(同、2500円)の2種類。
 いずれも食事に合わせて飲めるように、すっきりとした辛口に仕上げた。通常のはちのへシードルはリンゴらしさを強調し、Mixシードルはイチゴの香りと酸味が味わえるようにしたという。
 澤内醸造は1月、初の八戸ワインを発売。ワイン醸造後の施設を活用しようと、シードルを開発した。
 発売に先立ち、澤内醸造に併設された飲食店で7日、お披露目会が開かれ、小林真市長らが初のシードルを味わった。澤内醸造を運営するサンワーズ(八戸市)の澤内昭宏社長は「八戸ワインと同様、和食にも合う味になった」と話した。
 当初は澤内醸造や市内のスーパーなどで通常シードル700本、Mixシードル400本を販売。今後、ワインの仕込みが始まるまで醸造を続け、2種で計5500本を販売する。


関連ページ: 青森 経済

2018年05月09日水曜日


先頭に戻る