宮城のニュース

紫の道、雨に煙る 栗原・五輪堂山公園藤棚が見頃

薄紫色の花が見頃を迎えた

 宮城県栗原市瀬峰の五輪堂山公園内に植えられた藤の花が、見頃を迎えている。淡い紫に色づく花々を鑑賞しようと、多くの市民が足を運んでいる。
 公園には藤棚が約100メートル続く「藤の道」や、藤棚で囲ったあずまやがある。来場者は立ち止まって写真を撮るなどし、晩春の花を楽しんでいた。
 大和町から訪れた渡辺美智子さん(54)は「山に咲くのはよく見るけど、藤棚は初めて。色の濃淡があってきれい」と目を細めた。
 見頃は中旬ごろまで。20日には、市民が自由にカラオケ大会などを楽しめる恒例の「せみね藤まつり」が同公園である。雨天中止。連絡先は実行委員会事務局の操幸博さん0228(38)3942。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月10日木曜日


先頭に戻る