宮城のニュース

<ベガルタ>ジャーメインがダメ押し

仙台−横浜M 後半37分、仙台・ジャーメインが左足でゴールを決め4−2とする

 仙台のジャーメインが4点目を奪い、勝利を決定づけた。3−2の後半37分、中野の右クロスをゴールの遠いサイドで受けて左足で決めた。ルヴァン杯のゴールは4月4日のFC東京戦以来。「最初にトラップで落とした位置が悪かったので、左足に持ち直して素早く振り抜いた」と冷静な動きが光った。
 シュート4本はハットトリックを決めた茂木に並ぶチームトップタイ。フリーで放ったシュートがゴールポストに当たる不運もあったが、「1本しか決められなかったのは課題」と反省を忘れない。1学年下の茂木の活躍をケチャップが大量に出る様子に例えて「次は自分がケチャップをどばっと出したい」と独特の表現で意気込んだ。


2018年05月10日木曜日


先頭に戻る