宮城のニュース

<大川小訴訟>上告「するもしないもつらい」悩み続けた石巻市長、記者に質問も

市議会臨時会で上告関連議案について答弁する亀山市長=8日

 宮城県石巻市大川小津波訴訟の控訴審判決を不服とし、市と県が10日、上告した。「上告するもしないもリスク」。亀山紘市長は4月26日の控訴審判決後、二つの選択肢のはざまで悩み続けた。上告を決断するまでの10日間を振り返る。

<高裁は全面敗訴> 
 「大変厳しい判決だ」
 仙台高裁が判決を下した2時間後、市役所で記者会見した市長は終始、硬い表情を崩さなかった。
 判決は事前防災の点で学校幹部と市教委の組織的過失を認定。市広報車が津波避難を呼び掛けた午後3時半までに津波を予見できたとした一審判決を変更し、地震発生から6分後に避難開始できたと断じた。
 記者会見で上告方針を問われ「早い段階で判断したい」との見通しを示した。

<心情面で評価も>
 市側代理人の松坂英明弁護士は翌27日、市役所で市長と面会。類似訴訟における予見可能性を巡る従来の仙台高裁の判断枠組みとは異なる判決に対する違和感を伝えた。市長は熱心に聞いたが、表情から悩みの深さがうかがわれた。
 控訴審判決には、市長が心情的に評価するとみられる部分があった。控訴時、市長は「子どもを助けたいと行動した先生たちに責任を負わせるのはつらい」と語っていた。二審は組織的過失を認定する一方、一審で認められた現場教員の過失には触れなかった。

<議会は賛否拮抗>
 大型連休前半、市長は議会の空気を探った。
 4月28〜30日、全会派に判決内容を報告した。「上告しても勝てるのか」。控訴に賛成した市議の一部に不安が広がっていた。「議会の賛否は拮抗(きっこう)している」と市長は感じ取った。
 高裁判決後、市役所には県内外から電話やメールが25件寄せられた。
 「皆さんはどう思うか」。1日、詰め掛ける記者たちに市長が真顔で問い掛ける珍しい場面があった。同日面会した丹野清議長には「上告するもしないも大変つらい」と伝えた。

<文献を読み込む>
 連休後半、市長は公務を入れなかった。判決全文と判決で引用された文献を読み続け、次第に「判決は科学的根拠に欠ける」との思いを強めていく。
 連休最終日の6日夕、丹野議長に電話し、上告の意思を伝えた。
 8日の臨時会。市長は「一地方だけの問題ではない。最高裁で国の学校防災の在り方を議論してほしい」と述べた。「責任転嫁だ」。傍聴席は騒然となった。
 同日夜、市長は県庁で取材に答え「無我夢中だった」と疲れた表情で語った。


2018年05月11日金曜日


先頭に戻る