福島のニュース

<戊辰戦争150年>会津の戦い切手に きょうから98局で限定販売

限定販売のオリジナル切手シート

 日本郵便東北支社は11日、戊辰戦争150年を記念したオリジナル切手シートを福島県会津地方17市町村の計98局で限定発売する。
 82円切手10枚セットを計1000シート販売する。「白虎隊自刃之図」「戊辰戦記絵巻物 会津藩伏見上陸」といった絵画、戊辰戦争終戦直後に撮影された若松城(鶴ケ城)の写真など、会津若松市が所蔵する史料の提供を受けて絵柄にした。
 1シート1300円(税込み)。15日午前0時15分から、日本郵便のウェブサイトでも40シート扱う。
 企画した同社福島県西部地区連絡会の佐藤賢之介統括局長(福島県下郷町・旭田郵便局長)は10日、会津若松市役所を訪れ、室井照平市長に販売を報告。「会津地方に観光で足を運んでもらう機会になればうれしい」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2018年05月11日金曜日


先頭に戻る