岩手のニュース

規制未設定区間速度違反を摘発 岩手県警、台帳に誤り

 岩手県警は11日、速度規制が設定されていない八幡平市の県道で、誤って速度違反を摘発したと発表した。現場には規制標識があったが、規制する区間としない区間を取り違えて台帳に記載されており、違反が成立しない状態だった。
 県警によると、交通機動隊員が4月15日、最高時速50キロの規制標識がある区間を乗用車で72キロで走行していた40代男性を摘発。直後に台帳と照合して誤りに気付いた。
 2011年3月に県警が規制区間を変更した際、台帳への入力を誤ったという。調査の結果、同様のミスが3月16日にもあり、県警は処分を取り消すとともに、標識に合わせて台帳を訂正した。


関連ページ: 岩手 社会

2018年05月12日土曜日


先頭に戻る