宮城のニュース

聖ドミニコ学院敷地内でバケツ焼ける

 12日午前10時20分ごろ、仙台市青葉区角五郎、聖ドミニコ学院の敷地内で、体育館横のごみ集積所に置かれていたプラスチック製バケツ3個が焼けているのを生徒が発見し、同校の職員が119番した。けが人はなかった。仙台北署によると1個は全焼し、残りの2個は部分的に溶けていた。現場に火の気はなく、同署が原因を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月13日日曜日


先頭に戻る