宮城のニュース

イチゴ雑貨 障害者就労を知る契機に 仙台の施設で製作、将来の活動の柱に

イチゴの磁石やクリップなどの雑貨と、製作に携わった施設の利用者

 仙台市泉区で障害者の就労継続支援や生活介護を行う多機能型施設「こくりの杜」で、利用者らがピンクや赤のイチゴをモチーフにしたオリジナル雑貨を製作している。客に「かわいい」と好評で、施設は「将来は雑貨作りを活動の柱にしたい」と意気込んでいる。
 雑貨は磁石(2個入り300円)やボールペン(100円)、クリップ(3個入り300円)など6種類。利用者が紙粘土でイチゴの型を取り、色塗り、袋詰めまで担当する。こくりの杜や、1月に泉区に開園したイチゴ農園「一苺(いちご)一笑(いちえ) 松森農場」などで販売している。
 農園の清掃を請け負ったのをきっかけに、施設の担当者がイチゴの雑貨製作を思い付いた。2月に作り始め、これまでに計約200個を製作した。今後も注文に応じて作業する。
 泉区のゴールデンレトリバー専門ショップ「ワンアンドオンリードッグクラブ」でも販売している縁で、今後はゴールデンレトリバーをイメージした雑貨も作る。
 こくりの杜は昨年9月にオープン。一般社団法人「仙台地域福祉共創会」が運営しており、10〜50代の利用者10人が在籍し、雑貨製作や農園の清掃のほか、段ボールの組み立てなどをしている。
 施設長の大場信悦さん(49)は「利用者が自信を持って手掛けた作品。雑貨を通し、障害者の就労作業に関心を持ってもらいたい」とPRする。
 連絡先はこくりの杜022(725)5225。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月13日日曜日


先頭に戻る