宮城のニュース

<わたしの道しるべ>観光アピール足元から

◎会社員 熊谷美樹さん(27)=仙台市青葉区

 仙台市出身で、日本政策投資銀行東北支店で働いています。東日本大震災を経験し、故郷の未来のために仕事をしたいと考えました。2014年の入行以来、企画調査課で東北の観光活性化に関する調査に携わっています。
 16年度、東北観光推進機構が開く人材養成講座「フェニックス塾」で一期生として学び、弘前市の弘前城では誘客の試みや多言語対応の状況を視察しました。先月、東北の6地方銀行と共同で発表した古民家活用の可能性を探るリポートの作成にも関わりました。
 弘前以外の東北各地にも足を運び、知らなかった魅力や熱意に触れています。瀬戸内海の各県のように東北が一丸となってブランドや周遊コースを作るなど、横のつながりを大事にしながらアピールできればいいと感じます。
 私自身、四季を感じられる東北がより好きになりました。特に青森が気に入り、よくドライブします。まずは身近な人に各県の良さをもっと紹介できるようになりたいです。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月13日日曜日


先頭に戻る