宮城のニュース

<仙台ハーフ>きょう号砲 国内外1万4643人 杜の都疾走へ

 第28回仙台国際ハーフマラソン大会(仙台市、宮城陸上競技協会、東北放送、河北新報社など主催)が13日、仙台市中心部で開かれる。国内外から1万4643人がエントリーし、青葉茂る杜の都を疾走する。
 メインのハーフ(21.0975キロ)の部は宮城野区の市陸上競技場南側道路をスタートし、競技場にゴールする。5キロ、2キロの各部は宮城野区の榴岡公園を発着する。 ハーフ男子は、4月のボストン・マラソンで日本勢として31年ぶりの優勝を果たした川内優輝(埼玉県庁)、中本健太郎(安川電機)らの活躍が期待される。
 ハーフ女子は、3月の名古屋ウィメンズマラソンで日本人トップの3位に入った関根花観(日本郵政グループ)、前回優勝の田中華絵(資生堂)らが頂点を競う。
 スタートは5キロの部が午前9時、2キロの部が同9時10分、ハーフは車いすの部が同9時47分、エリート・登録・一般の部が同10時5分。競技時刻に合わせ、コース周辺で交通規制が敷かれる。


2018年05月13日日曜日


先頭に戻る