秋田のニュース

<大曲の花火>夜空も五月晴れ「春の章」8000発彩る

日米の花火師たちが一瞬の美を表現した=12日午後7時50分ごろ、大仙市雄物川河川敷

 「大曲の花火 春の章」(全国花火競技大会実行委員会主催)が12日、秋田県大仙市の雄物川河川敷であり、約8000発の打ち上げ花火が夜空を彩った。
 テーマは「世界の花火 日本の花火」。米国の大手花火会社パイロ・スペクタキュラーズ社が初めて登場し、国内の10社と競演した。
 市は打ち上げ花火を年中見られる「四季の花火」構想を掲げ、「春の章」は昨年に続く開催となった。


関連ページ: 秋田 社会

2018年05月13日日曜日


先頭に戻る