宮城のニュース

宮城県警巡査を逮捕 酒気帯び運転の疑い

 宮城県警監察課は14日、酒気帯び運転の疑いで、仙台市宮城野区幸町3丁目、仙台東署地域課巡査の庄司健次郎容疑者(24)を現行犯逮捕したと発表した。
 逮捕容疑は14日午前2時50分ごろ、青葉区二日町の県道で酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑い。県警によると「ハイボールを数杯飲んで運転した」などと容疑を認めている。
 同課によると、仙台中央署員が同区一番町2丁目の東二番丁通で、車線をまたいで走る容疑者の軽乗用車を発見。停車させて呼気検査した結果、基準値超のアルコールが検出された。
 容疑者は非番だった13日夜〜14日午前1時半ごろ、同区国分町の飲食店で友人と2人で飲酒したという。県警の高橋俊章警務部長は「県民の皆さまに深くおわび申し上げる。職員の指導を徹底し、信頼回復に全力を尽くす」とのコメントを出した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月14日月曜日


先頭に戻る