宮城のニュース

<仙台ハーフ>女子4位の関根「まずまず」震災後に仙台育英高入学 競技場の雰囲気懐かしむ

中盤まで女子の先頭集団を引っ張り、4位入賞した関根

 女子の関根(日本郵政グループ)は4位でフィニッシュ。「残り4キロ付近で先頭集団から遅れてしまったけど、現状ではまずまずの走りができた」と満足した様子だった。
 ハーフは初挑戦。ペースはさほど速くなかったが、「やはりハーフならではのきつさがある。経験できて良かった」と収穫を口にしていた。
 東日本大震災後に仙台育英高に入学。約1年間在籍して全国高校駅伝にも出場した。今大会会場の仙台市陸上競技場は高校の練習場所でもあった。「芝もトラックも当時の雰囲気のままで懐かしかった。走っていても沿道から大きな声援をもらえた。本当に励みになりました」とレースを振り返っていた。


2018年05月14日月曜日


先頭に戻る