宮城のニュース

<仙台ハーフ>男子一般の部初優勝 東北高出身の横田「びっくり」

一般部門男子で優勝した横田拓樹=仙台市陸上競技場

 ハーフ一般の部男子は27歳の横田が初優勝。「狙っていなかったのでびっくり。仕事の後などに1日20〜30キロの長い距離を走るようにした成果」と喜んだ。
 後方からのスタートで、「前の選手を拾っていく意識」でハイペースを維持。1時間11分16秒でフィニッシュし、自己ベストを3分以上縮めた。
 宮城・東北高では陸上部の長距離選手だった。「これからフルマラソンやトラックでも楽しく記録を狙いたい」と抱負を語った。


2018年05月14日月曜日


先頭に戻る