宮城のニュース

気温上昇 涼求め 宮城で真夏日

夏のような日差しの下、水辺で歓声を上げる子どもたち=16日午前10時30分ごろ、仙台市宮城野区の榴岡公園

 高気圧に覆われた宮城県内は16日、朝から各地で気温が上昇し、正午までに3観測地点で30度を超える真夏日を記録した。
 仙台管区気象台によると、正午現在の気温は丸森31.3度、大衡30.2度、石巻市桃生30.0度など。
 仙台の朝の最低気温は平年より4.6度高い15.6度。その後、気温がぐんぐん上がり、正午までに28.5度に達した。
 仙台市宮城野区の榴岡公園では、強い日差しが降り注ぐ中、子どもたちが楽しそうに水遊びをしていた。
 17日の県内は気圧の谷や前線の影響で曇りとなり、朝方に雨の降る所が多い。気温は平年よりも高い状態が続く見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月16日水曜日


先頭に戻る