宮城のニュース

<楽天>乗れない美馬、遠い1勝目 立ち上がりに苦しむ

5回、ソフトバンク1死一、二塁、松田に勝ち越しの右前適時打を浴びた東北楽天先発の美馬。捕手足立(佐藤琢磨撮影)

 1勝目が遠い。4月21日以来の登板となった東北楽天の先発美馬がソフトバンク打線につかまり、五回途中9安打6失点。「いいスイングをされていた。思い切り振られないようなタイミングをずらす球を、投げられるようにならなければ」。5試合目も初勝利に届かず、無念の表情を見せた。
 失点は全て先頭打者の出塁から始まった。一回は中村晃の右前打をきっかけに柳田の安打などで1死一、三塁とされ、デスパイネの左犠飛で先制点を与えた。2−1の三回は今宮の左前打から2四球が絡み満塁のピンチを招くと、福田に左前に運ばれ、これが逆転の2点打。五回は柳田の左前打と四球での1死一、二塁から松田に右前適時打を打たれ、力尽きた。
 「何で打たれるのだろう」と美馬は首をかしげる。梨田監督は「直球は力があったが、ストライクゾーンでしっかり投球できていない。もったいない」と指摘する。
 今季は、これまでの4試合全てで三回までの序盤に失点している。今回も三回までで3点を失い、立ち上がりの悪さは変わらなかった。
 梨田監督は「ボール自体は良くなっている。もっと攻めてほしい」と注文。則本、岸に続く3本目の柱の復調を願った。(伊藤卓哉)


2018年05月17日木曜日


先頭に戻る