宮城のニュース

<楽天>打線奮起、美馬の失点挽回する援護

東北楽天―ソフトバンク 7回東北楽天無死、岡島が右越えソロ本塁打を放つ=楽天生命パーク宮城

 東北楽天打線は先発美馬の失点を2度挽回する援護を見せた。
 0−1の一回、茂木の内野安打、銀次の左前打などで2死一、三塁とし、ペゲーロが同点打。さらに今江が「美馬のために1点でも多く取りたい」と奮起し、右前へ適時打を放った。2−3で迎えた三回はウィーラーの4号ソロで追い付いた。
 3−8と劣勢の七回にも、選手会長の岡島が右翼席に運ぶ3号ソロで1点を返した。岡島は「どんな試合展開になっても、勝つために一打席に集中していく」と諦めない姿勢を示した。


2018年05月17日木曜日


先頭に戻る