青森のニュース

<民進青森県連>新党にあす移行代表 田名部匡氏

 民進党青森県連は19日、青森市内で常任幹事会を開き、21日に県選管に党名変更の手続きを行い、国民民主党の県連組織を発足させることを確認した。
 幹事会は冒頭以外非公開で行われた。新県連の役員人事について話し合ったが、確定には至らなかった。代表と幹事長は、田名部匡代参院議員と奈良祥孝青森市議がそれぞれ就き、現県連の体制を引き継ぐ。
 新党の党員サポーターは6月1日から募集することを決めた。また県議の山田知氏が離党の意思を示していたことに関して、離党届を正式に受理したことも明らかにした。
 終了後の会見で、田名部代表は「新しい県連で幹事会を開くまでに役員体制を決められるよう準備する」と説明した。


関連ページ: 青森 政治・行政

2018年05月20日日曜日


先頭に戻る