広域のニュース

<栗駒山>「湯浜コース」神体担ぎ山頂へ 観光盛り上げへ有志願掛け 栗原・花山で出発式

山頂を目指す地元有志ら

 栗駒山の湯浜コースでは、夏山開きに合わせた出発式があった。2008年の岩手・宮城内陸地震で落ち込んだ観光客を取り戻そうと、地元有志が企画した。
 20代の登山愛好家4人が参加。登山口にある栗原市花山の温泉宿「湯浜温泉三浦旅館」で神事を終えた後、栗駒山ゆかりの神社の神体をかたどったわら製の馬を担ぎ、山頂を目指した。
 湯浜コースは8.8キロ。高山植物や樹林帯、雪渓など多様な景色を楽しめるため根強い人気があるものの、内陸地震で近隣の宿泊施設が休止したことなどが影響し、近年は登山客が減少傾向にあるという。
 出発式と登山に参加した一迫青年会会長の会社員山田匠さん(29)は「眠らせておくには惜しい魅力的なコース。地域の山岳観光を盛り上げるスポットになってほしい」と話した。


関連ページ: 広域 社会

2018年05月21日月曜日


先頭に戻る