福島のニュース

復興への一手「地道に支援」 将棋連盟会長が福島知事と懇談

内堀知事に色紙を贈る佐藤会長(右)

 将棋の第11期マイナビ女子オープン5番勝負第3局のために福島県を訪れた日本将棋連盟の佐藤康光会長が15日、同県庁で内堀雅雄知事と懇談した。
 佐藤会長は「地道に、謙虚に進む」という意味を込めた座右の銘「研鑽(けんさん)」の文字を書いた色紙を手渡し、「将棋を通じて少しでも心の復興を手助けしたい」と述べた。内堀知事は「将棋連盟は震災後に各地でイベントを開催し、県民に元気と勇気を与えてくれた」と感謝した。
 マイナビ女子オープン5番勝負第3局は16日に郡山市であり、加藤桃子女王と西山朋佳奨励会三段が対局した。


2018年05月22日火曜日


先頭に戻る